生きた心地がしなかった

はくたかに携帯電話を忘れた!

乗換中に気付いて取りに戻ったのにない?

金沢駅を5分遅れで出発してるから、乗換時間も短いし、とりあえず新幹線に乗った。

車掌さんにかくかくしかじか説明して、連絡してもらうようお願いした。

約1時間後、見つからなかったと伝えにきてくれた。

もしかしたら、後で誰かが届けてくれてるかもしれないから、忘れ物センターに電話してみるよう言われた。


やまようが席を立った時、座席の上に携帯が置いてあって、忘れたらダメだなと思ってたら、忘れたのです。

すぐ取りに行ったのになかった時点で、床に落ちてなければ、誰かが持ってったとしか考えられない。

一応ロックはかけてあるけど、おサイフケータイは使える。

どうしよう。

あれこれ考えた結果、新幹線降りてすぐホームの公衆電話から、自分の携帯に電話してみた。

プルルルルーと電話がかかった。

11コール目で誰かが出た。

女の子だった。

やはりはくたかで拾ったらしい。

今、東京駅だっていうんで、新幹線の改札で落ち合うことができた。

やまようの元に携帯が戻ってきた!

その子が高崎や大宮や上野で降りてたら、どうなってたんだろう。

聞いてみたら、座席の上に落ちてたんだって。

それは落ちてるって言わないと思う。

忘れたやまようが悪いんだけど。

ホントに生きた心地がしない1時間半だった。

見つからなかったら、おサイフケータイとか止めんなんし、ドコモショツプ行かんなんのかなあとか。

電話帳は?とか。

頭の中がグルグルだった。

今こうやって携帯を使えていることがホントにうれしい。

自分のおっちょこちょいぶりに腹が立つ。

今後気をつけよう。
[PR]

by usayou | 2011-12-04 23:48 | 日記